クルマの性能

クラス別JC08モード燃費比較~普通車編

実際の燃費とは少々かけ離れた良い数値のJC08モード燃費ですが、ひと目で燃費を比較するためには重要な材料になっていることには変わりありません。各クラスごとの燃費数値を比較の上、特徴や、注意すべき点など実燃費も含めて解説します。なお、実燃費に関しては、実際の走行状況やエアコン、カーナビなどの電装品の使用状況、アップダウンの多い地域など各種条件により大幅に左右されますので、あくまでも参考の数値となります。燃費上位がほぼ全てハイブリッド車で独占されていることにも注目です。

コンパクトカー・ハッチバッククラス

扱いやすいサイズで、ハイブリッドモデルも多数ラインナップする燃費競合激戦クラスです。トヨタはプリウス、アクア、ヴィッツ、オーリス、ホンダはフィットハイブリッド、スズキスイフト、日産ノート、マツダデミオ等人気車勢ぞろいです。自動車税は軽自動車より高いが、燃費は軽自動車を上回り、低燃費と普通車の広い室内と走行安定性が魅力的です。
続きを読む

クラス別JC08モード燃費比較~軽自動車編

実際の燃費とは少々かけ離れた良い数値のJC08モード燃費ですが、ひと目で燃費を比較するためには重要な材料になっていることには変わりありません。各クラスごとの燃費数値を比較の上、特徴や、注意すべき点など実燃費も含めて解説します。なお、実燃費に関しては、実際の走行状況やエアコン、カーナビなどの電装品の使用状況、アップダウンの多い地域など各種条件により大幅に左右されますので、あくまでも参考の数値となります。

軽自動車 背の低い軽自動車

車高が低く、内装の質感も簡素化された、低燃費で低価格な軽自動車です。スズキアルト、ダイハツミライース、ダイハツミラが代表的で、アルトの派生車種アルトラパンも含まれます。実際にはアルトとミライースの対決が多くなっています。ランクからは外れますが、低価格の代表車種ミラは5速マニュアル車のワングレードを残すのみで購入者は限られています。
続きを読む

燃費基準が変わるJC08モードからWLTCモードへ

年々クルマの燃費数値は向上し、ハイブリッドシステムを持たないガソリンエンジン車でも、スズキアルトの場合37.0km/L(JC08モード、2WD CVT車)の低燃費を実現しています。しかしながら、実際走行してみると20km/Lから23km/L前後の燃費のため「あまりにもかけ離れていない?」との疑問が生まれます。先代の日産セレナ(C26)Sハイブリッドでは、15.2km/L(JC08モード、2WD CVT車)の燃費数値でしたが、実際に使用してみると、街乗りでは9km/L前後、家族4人乗車で長距離走っても14km/Lをわずかに超える程度で全く参考にならないことがわかります。今後は、少しでも実際の使用条件に近い燃費数値を表示し、クルマの使用用途に応じた燃費の良いクルマ選びができるように、新燃費表示の「WLTCモード」が導入されます。

WLTCモードとは

新燃費表示の「WLTCモード」とは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードのWLTCモードと信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定した市街地モード(WLTC-L)、信号や渋滞等の影響をあまり受けない郊外モード(WLTC-M)、高速道路走行を想定した高速道路モード(WLTC-H)のモードで測定した燃費を表示します。
続きを読む