事故を起こした!現場で取るべき手順は?

誰もが起こしたくて起こすわけではない事故。しかし、いつ自分が事故を起こしてしまうか、事故に巻き込まれてしまうかわかりません。事故発生時には誰でも焦り慌てて、まず何をしたらよいのかパニックになります。そのような事態でも、すぐに冷静になり以下の手順を思い出していただければ、スムーズに事故処理が進みます。

負傷者救護が最優先

事故により、自分が負傷し動けない状況を除き、自分の安全が確保されたなら、相手のケガの状況を確認することが大切です。心肺停止状態にある最悪の場合は心臓マッサージを行い、近くに人がいる場合には救急車の手配をお願いし、誰もいない場合には速やかに救急車の手配を行います。心臓マッサージは救急隊が到着するまで続けます。お互いに命に係わる状況でなくても負傷した場合には、救急車を手配しましょう。ただし、明らかに救急車が不要な程度のケガの場合は呼ぶ必要はありません。早急に二次災害防止に努めることが大切です。

二次災害を防止しよう

1
画像出典 http://www.mitsui-direct.co.jp/response/flow/01/
ケガの状態が明らかになり、救急車の手配など済みましたら、その場にある自分のクルクマまたは相手のクルマが動く状態なら路肩など安全な位置に移動し、動かない状態なら発煙筒や三角停止板を後方に置いて、追突などの二次災害を防止することが大切です。

高速道路においては必ず全員、ガードレールの外に避難し待機が鉄則。事故車両の前方ではなく後方に避難することも大切。万一追突されクルマが跳ね飛ばされても飛ばされるのは前方のためです。高速道路では事故で命は助かっているが、その後、不用意に外に飛び出して後続車にはねられ死亡するケースや、車内に留まり追突されて死亡するケースが少なくありません。

一般道においては、お互いのケガの状況が軽い場合には、後続車の誘導を行うことで、追突事故や、さらなる新たな事故を未然に防ぐことができます。なお、誘導が危険な場合もありますのでその場の状況に合わせて自分の身を守ることを最優先に行動することが大切です。



警察への連絡を忘れずに

事故の大きさに関わらず、すぐに警察に連絡します。物を壊した場合は物損事故扱い、ケガ人がいる場合には人身事故扱いの届け出が必要になります。現在地の場所や、お互いのケガの状況、救急車の手配が済んでいることなど伝える必要があります。現在地がわからない場合には、高速道路や一般国道なら近くにキロポストがありますので、そのキロ数を伝えると場所がわかります。また、近くの電柱にも地名が書いてある場合があります。
2
キロポスト E-NEXCOより
出典 http://www.driveplaza.com/safetydrive/mamechishiki/005.html

「軽微な事故だから」とその場で、相手と勝手に話合い解決してしまうと、あとで「あれ?首が痛い」となった場合には相手の所在が明らかな場合でも保険金が支払われません。保険金の支払いには必ず、警察からの事故証明が必要です。

相手の確認を正しく行うことが大切

事故の際に相手の名前や住所を確認することは必須です。しかし、焦るあまりにお互いに紙に書いて手渡してしまう場合がありますが、これは危険です。相手が不利な立場の場合には虚偽の記載をする可能性があります。お互いに運転免許証を交換し、記載事項を写すことが大切です。また、車両の確認は車検証と合わせて確認し、免許証の氏名と車検証の使用者が同一または、家族など整合性かとれているか確認が大切です。盗難車等の危険を確認できます。電話番号確認は、教えられた番号に一度発信し、こちらの電話番号を伝えてもらうか、伝えた番号に発信してもらうことで電話番号が本物と確認できます。

自動車保険会社への連絡は事故受付ダイヤルへ

自分の加入している自動車保険会社への連絡も行いましょう。自動車保険の保険証書が無くても、携帯用のドライバーズカードのように事故受付ダイヤル等が記載されたカードが各保険会社にあります。ダイレクト系保険会社では必ず、保険証書を印刷して車検証ケースなどに入れておくことが大切です。保険証書やドライバーズカード等が無くても、加入の保険会社がわかれば、スマートフォンで検索し連絡しましょう。個人のデータと車検証のデータを照合させ加入状況が明らかになります。

ドライブレコーダーがあれば一目瞭然

3
ユピテルドライブレコーダー画像
出典 https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/dry-st6000d/

ドライブレコーダーは近年、バスやタクシーなどの事業用の自動車のみでなく、一般車にも普及が進んでいます。インターネットやカーショップで5,000円以下から販売され、吸盤でフロンドガラスに取り付けて、シガー電源から電源を取り、簡単に取り付けが可能な手軽さがあります。価格は性能に比例し高価なドライブレコーダーもあります。
 
ドライブレコーダー設置により、事故の際の原因究明が素早くに行われることです。お互いに青信号を主張した場合でも信号の色はしっかり記録されています。一時停止の状態もわかります。当て逃げの場合にも、相手の車の映像やナンバーが記録されていることにより犯人を見つけやすくなります。保険会社で事故の過失割合を算出する際にドライブレコーダーの映像は役立ちます。保険会社の手間が省けることにより保険会社のメリットも大きくなります。

上記写真のように記録ボタンでSDカードに保存可能ですが、衝撃を感知すると自動で保存する機能がドライブレコーダーに備わるケースが多くなっています。ドライブレコーダーの映像を提供することにより、事故処理がスムーズに進みます。

サービス名 利用料 参加社数 最大見積もり数 おすすめ度
カーセンサー
無料 200社以上 10社 オススメ度5
ズバット
無料 530社以上 30社 オススメ度5
タウ
tau_120x60
無料 タウ1社のみ タウ1社のみ オススメ度3

マイカーローンならここがおすすめ